, , , , , , ,

【雑談】DIET VILLAGE/ダイエット・ヴィレッジの本当の意図とは?

DIET VILLAGE/ダイエット・ヴィレッジ|日本テレビ(http://www.ntv.co.jp/dietv/が放送されました。








企画内容を簡単に説明すると、8人のおデブちゃんが、1ヶ月のダ合宿で、トータル100k以上のダイエットを目指すというものです。
その1ヶ月の間は、特別講師によるトレーニングを行い、8人での共同生活を行います。

当然ながら、今までかなりの「体たらく」な食事や生活を過ごしてきたため、1ヶ月の合宿中には、8人メンバーによる様々なトラブルが発生します。
(そこも番組としては、見ごたえ部分なんですけどね)


この8人、太ってる人、ぽっちゃりな人

ではなく、このブログでは「おデブちゃん」と呼びます。

おデブちゃん、、太ってる、デブ、、、様々な言い方もされますし、そう自分自身を感じいて、ダイエットを頑張ろうと思う人も多いと思います。

トレーナーとしては

「痩せた方がいいよ!」

とアドバイスやトレーニングを行なっていますが、決して、太っていることが悪いことだとは思っていません。おデブちゃんだとしても、その人がその自分自身を受け入れていて、幸せでいて、さらに健康であれば何も問題はないと考えています。

とはいえ、おデブであることで、二つの問題があります。


(1)肥満、依存症と健康面について
(2)おデブの自分を受け入れられるかどうか?


(1)肥満、依存症と健康面について
今回の番組に参加されたメンバーは、観る限り「食物依存症」のようで、ストレス解消のためや、自分自身の満足度のために隔たった食べ物を食べ続けていました。
正直、番組を観る限りでは、彼/彼女達は、自分たちの好きな食べ物に「逃げていた」という印象でした。番組を観て感じたことは、出演してる方は健康的にも危ないだけでなく、自分自身の食生活全般に対して「自分都合の言い訳」を言っているだけにしか聞こえませんでした。


(2)おデブちゃんの自分を受け入れられるかどうか?

おデブだからといって、別に悪いことをしてません。

逆に「太って何が悪い??」
という気持ちでも全然良いと思います。

太っている、別な言い方をすれば身体の大きい方は沢山います。日本人に比べたら、海外にいけば数倍のおデブちゃんがいますし、それでも気軽に前向きに過ごしている方も多くいます。


でも、、、なぜ、自分が「おデブちゃん」だと納得いかないのか!!

ダイエットピンキーから、こんなスレッドを発見しました。


デブで嫌な思いをしたこと


  • すれ違いざまに笑われる。
  • 女として扱われない。
  • かわいい服が着れない。
  • 街中でガラスに映る自分を見れない。
  • 堂々と前を見て歩けない。
  • 満員電車でイヤな顔をされる。
  • 彼氏ができない。
  • 飲みの席でいじられる

つまり、第三者の目、扱い、言葉によって、デブ=マイナスイメージがついてしまうんだと思います。確かにね、上記のような扱いをされちゃ嫌ですよね。
ここで、自分が気になってしまうのは、こうした見方や意見を言われることで、自分が偏屈になってしまうことです。

→ デブは嫌だ!
→ 痩せたい!
→ 辛いのは嫌だ!
→ 痩せれない!
→ 太った自分を言い訳する

ここです。
本当は痩せたいはずなのに痩せれない(痩せる努力もしない、痩せようともしない)
そして結局は、楽な方(好きなモノを食べる)に逃げてしまう。
ここが問題かと感じています。


番組「DIET VILLAGE/ダイエット・ヴィレッジ」では、8人で1ヶ月100kgのダイエットが企画の中心になっているかと思いますが、自分はそれよりも、今まで食に逃げ、体たらくな生活を過ごしてきたメンバーが、目的に向かって努力すること。個人ではなく団体として行動し、連体感・責任感を意識できること。そこの方が重要だと思っています。

つまり、彼・彼女らに必要なことは「やればできる!」「やり切れる!」

ということを実感できることだと思います。


ダイエットをする際、数値目標は設定する方が良いかと思います。指標になりやすいですからね。でもあまりその数値に振り回されることなく、とにかくダイエットのために運動を続けたり、食事について気をつけたりする自分を褒めて欲しいです。
そして、やればできるんだという達成感を感じて欲しいです。

そうすれば、ダイエットもそれほど苦しくなく続けられるとおもいます。続けられれば、それは必ず結果にも現れてきます。


まずは「やればできる!」を実感しましょう。

ま、それでね、体型がおデブだったとしても、まずは自分には自信がついてくると思います。そして何事にも前向きになれるはずです。














ASBボクシングクラブ


オフィシャルサイトはこちら!




ASBボクシングクラブは
決して「プロボクサー」を育てるジムではありません。

ボクシングトレーニングを遊び感覚で行なって、ボディシェイプができたり、ダイエットができたり。
もちろん、ボクシングを上手くなりたい人にもしっかりサポート。


「ボクシング」って、怖いイメージがありますか?

ASBボクシングジムはそのイメージとは違います。


その理由は三つ★

・ボクシングジムなのに、トレーニングがハードでない!
・ボクシングジムなのに、笑いがえない!
・ボクシングジムなのに、お菓子が耐えない?



ボクシングトレーニングを使って、楽しみながら遊び感覚でダイエットやトレーニングを行なうジム、10代から60代まで、幅広い年層が楽しめます。




興味のある方は、ぜひ遊び感覚で来てください。
手ぶらで無料体験ができます!

まずは一日体験コースをチェック。






無料体験が気になったら!


こちらから、お問い合わせ下さい。







<無料体験申し込み予約フォームはこちら>






鴨居店:営業時間はこちら★





横浜店:営業時間はこちら★







<オフィシャルFacebook>

ASBボクシングクラブの日々の写真や動画が満載!
ジムの雰囲気やトレーニング内容など、こちらのフェイスブックをチェックしてみてください。




<ASBボクシングクラブのオリジナルグッズ>
ASB boxingclub SHOP
トレーナー兼、イラストレーターのとしさんイラストをつかった、Tシャツやパーカーがオンラインで購入できます。





You Might Also Like

0 コメント


ASBボクシングクラブとは、野球、フットサル、ダンスのように、ボクシング初心者、未経験者でも「誰でも気軽にボクシングを楽しむ」ことができる、ボクシングジムです。
今までのボクシングジムとは違い笑い声とお菓子(?)の絶えない素敵なボクシングジム。ASBボクシングクラブではいつでも無料体験の受付を行なっています。
興味のある方は、ぜひ遊びにきてください。

★無料体験申し込み予約フォームはこちら★
http://www.asb-boxing.jp/freetrial/

お問い合わせはこちら
045-515-3559

★鴨居店:営業時間はこちら★
http://www.asb-boxing.jp/info/kamoi/

★鴨居店:スケジュールはこちら★



★横浜店:営業時間はこちら★
http://www.asb-boxing.jp/info/yokohama/

★横浜店:スケジュールはこちら★


オフィシャルFacebookはこちら!
ASBボクシングクラブの日々の写真や動画が満載!
どんな雰囲気なのか、こちらのフェイスブックを
チェックしてみてください。
https://www.facebook.com/ASB-club-353320618065242/



ASBボクシングクラブ、オリジナルアイテムがオンラインショップで購入することができます。としトレーナーによるキャラクターグッズやトレーニングでも使えるTシャツやパーカーなど、様々な商品を用意しています。 一度、のぞいてみてくださいね★
★ASB boxingclub SHOP★
https://suzuri.jp/14zawa/products