, , , , , , , ,

【大雪】数年に1度の大寒波、地元十日町では週末だけで2メートル以上の積雪! そんな中、家まわり除雪作業を紹介。

この冬一番の寒気が来ました。
地元新潟十日町エリアでは、この週末の二日で2メートル以上の積雪が見込まれています。

「え!2メートル?」

と思う方もいるかもしれませんが、自分が幼少期のころは、屋根から下ろされた雪も含め、3メートル近くの積雪を目にしてきました。
まるで、「雪の壁」です。

同級生が、地元様子の写真を送ってくれました。




見てのとおり、上下左右一面真っ白の世界。


本格的な冬といったらそうなんですけどね、一番大変なのが自宅周辺の「除雪作業」です。



昔、自宅の除雪といえば、まずは「屋根の雪おろし」から始めました。
家族総出で、男性は屋根の雪おろし、女性は家まわりの雪かきなどを分担して除雪作業を行いました。
それこそ、小学生くらいでも、みんな除雪作業のお手伝いをするのが普通でした。

今でも、大人だけでなく、子どもたちが除雪作業をお手伝いするシーンを見たりします。



さて、そんな自宅まわりの除雪作業をちょっと紹介します。
写真は、2年ほど前の冬のシーンです。


今の自宅屋根は自然落下式のため、「屋根の雪おろし」をする必要はなくなりました。
屋根の雪おろし作業がなくなっただけでもだいぶ楽になりました。


あとは、屋根から落ちた雪など、家まわりの雪を除雪するだけです。


ちなみに、これが屋根から落ちて積み上がった雪。
大体、二階までとどきそうな高さまであります。


そして、新潟十日町の雪の特徴としては、水分も多く含んでいるため、雪自体が、かなり重い。






これらの除雪に使う道具がこちら!


スコップ(左)とスノーダンプ(右)







自宅には家庭用の除雪機もあるのですが、ここまで雪が積み上がってしまうと、除雪機で作業ができないんですよね。



さらに、自分はその機械の操作が良くわからいし(笑



ということで


スコップとスノーダンプで除雪作業を始めます。




手順としては、まず、スコップで積み上がった雪を崩していきます。





上から下へスコップを振り下ろして、積み上がった雪を崩すのですが、水分量が多く、その重みで固まっておる雪は、まるで氷のように固くなっているんです。


ぶっちゃけ、この雪を崩すだけでもかなりの力が必要になってきます。

そして、ある程度雪を崩したら


スコップから、スノーダンプに切り替えます。


崩した雪を、スノーダンプの上にのせます。
のせるというか、スノーダンプをぐっと雪の下に滑り込ませて、のせる感じ。


あと、除雪作業のポイントは、腕筋だけでスコップでやスノーダンプを動かそうとすると、すぐに腕が疲れちゃいます。あまり腕を使わずに腰の力を使うのがポイントです。



雪をのせたスノーダンプを、家裏にある側溝へ運びます。


側溝内に雪を落とします。


あとは、去っていく雪を見送るだけ。







あとは、、ひたすらこの作業を繰り返すだけ。







一息休憩、雪でキンキンに冷やしたポカリスエットを飲みます。


え?寒い中で、キンキンに冷えたドリンク?
と思うかもしれませんが、ここまでの作業で、もう身体はかなり汗だく状態です。




そして、作業を再開して。。。


除雪完了!!

ここまでの時間は、2時間半ほどかかりました。

家の側面一つの除雪作業で、約2時間。
家の前面、後面、あともう一つの側面となると、単純計算で8時間ほどかかる作業量となります。

これだけ、除雪って時間かかるんですよね。








「雪、放置しておけばいいんじゃないの?」

正直、そう思う方もいるかもしれません。
実際自分も春までほっておけば、自然と消えるじゃんと思ったりもしますが、、

除雪をしないと


生活自体に支障をきたす

 簡単にいえば、家から出れなくなったり、入れなくなったり。


安全性の確保

屋根に積み上がった雪の重さによって、家へのダメージ。もしくはその屋根の雪の崩落によって怪我をする場合もあります。
家まわりの雪、高さ2〜3メートルもあれば完全の雪によって閉鎖状態になってしまいます。もしもの場合に(玄関以外の場所から)家からでることができないという状況になります。


暗い

雪によって積み上がった壁は、光を遮ります。
窓の外をみたら雪壁って、、、ちょっと切ないし、光が入ってこないのは健康上も良くないですよね。



とにかく、雪を放置すると「不便」なだけ!




織田裕二主演の「ホワイトアウト」っていう映画の中で、
織田裕二が腰まである積雪の中を、雪をかきわけて歩き進むシーンがあります。




絶対に歩けないから!!!!

まぁでも除雪しない世界ってこんな感じなんだろうなって思います。

ちなみに、このホワイトアウト、「ダイハード」の邦画バージョン的な感じなのですが、地元新潟の舞台です。
実際のダムや、舞台エリアもよく知っているところなんです。ストーリー的にはよくできてて面白いですよ。



あ!


話がまたズレました!
すみません。






とにかく、除雪しないと大変なことになるっていうことで。。。










除雪後






自分へのご褒美タイム!






温泉で身体をほぐしましょう〜!


自分がよくいく、地元十日町の温泉がこちら!



サウナや温泉にまったりしてきました。
さっぱりしてきました。


さらに、この後のビールがまた最高!!!(笑













最後にオマケネタとして
除雪作業+温泉サウナで、体重はどれくらい変化したか。
気になるのでチェックしてみました。




まず、除雪の消費カロリーは

1時間で体重1kgに対して6kcal目安。

除雪時の体重は約60kgだったので1時間だと360kcal。
2.5時間やったので約900kcal分の消費カロリー。

で、体重の変化は・・・


除雪前は、



体重60kg




除雪+温泉サウナ後は!



なんと、



体重58kg




マイナス2kgでした!





マイナス2kgの内訳除雪(1.6kg)温泉サウナ(0.4kg)です。

除雪、結構な消費カロリーになりました。



正直言って、除雪作業ってキツイしツライし、、、
前向きな気持ちでやれる人って少ないんじゃないかな。


そんな中でも、除雪は「ダイエットにも効果的!」


って、思えば少しは除雪作業にも前向きなれるかもね。










関連ブログ











冬シーズンの植物も、写真的には魅力あるんだよな〜。
こういうの好きなんだよね。






You Might Also Like

0 コメント


ASBボクシングクラブとは、野球、フットサル、ダンスのように、ボクシング初心者、未経験者でも「誰でも気軽にボクシングを楽しむ」ことができる、ボクシングジムです。
今までのボクシングジムとは違い笑い声とお菓子(?)の絶えない素敵なボクシングジム。ASBボクシングクラブではいつでも無料体験の受付を行なっています。
興味のある方は、ぜひ遊びにきてください。

★無料体験申し込み予約フォームはこちら★
http://www.asb-boxing.jp/freetrial/

お問い合わせはこちら
045-515-3559

★鴨居店:営業時間はこちら★
http://www.asb-boxing.jp/info/kamoi/

★鴨居店:スケジュールはこちら★



★横浜店:営業時間はこちら★
http://www.asb-boxing.jp/info/yokohama/

★横浜店:スケジュールはこちら★


オフィシャルFacebookはこちら!
ASBボクシングクラブの日々の写真や動画が満載!
どんな雰囲気なのか、こちらのフェイスブックを
チェックしてみてください。
https://www.facebook.com/ASB-club-353320618065242/



ASBボクシングクラブ、オリジナルアイテムがオンラインショップで購入することができます。としトレーナーによるキャラクターグッズやトレーニングでも使えるTシャツやパーカーなど、様々な商品を用意しています。 一度、のぞいてみてくださいね★
★ASB boxingclub SHOP★
https://suzuri.jp/14zawa/products