, , , , ,

【ASB】怪我が治りにくいのは年のせい?実は○○が原因だったんです。

今週、師走並みの寒さになるらしいですね。
冷え性の自分には厳しい季節になってきました。

とはいえ、寒い寒いと家でじっとしているのは苦手なので、やっぱりこうしたときは、身体を動かすのが一番です。

ということで、ASBボクシングクラブへ!




休みの日でも、多くのメンバーが来ていましたね。




さて、自分はこの日は筋トレメニューを行いました。ちょっとまだ左肘の調子がイマイチなので、パンチの打ち込みはなし。

で、年をとると怪我って治りにくいよなぁ〜なんて漠然と感じてしまいますが、怪我が治りにくいのは年のせいだけじゃないみたいです。



血糖値に原因


血糖値が高い、もしくは糖尿病の人は、小さなキズでも治りにくい場合があるようです。
ポイントは「ブドウ糖」
ブドウ糖は、生きていくために必要な栄養素で、血液によって身体中の細胞へ届けられます。そして、細胞にブドウ糖を受け渡すには、すい臓から分泌されるインスリンが必要なんです。
但し、糖尿病だとこのインスリンが不足してしまいます。つまり、キズを直すためには細胞にブドウ糖が必要なのですが、そのブドウ糖がうまく届けられず、栄養不足になっている細胞は、なかなか回復しない状況になってしまいます。



活性酸素とストレス


老化を早めるといわれる「活性酸素」これは、キズの治りも遅くしてしまいます。
さらに、ストレスが溜まっているとビタミンCの消費量も増えます。ビタミンCにもストレスを和らげる効果があるためなのですが、実はビタミンCは抗酸化作用も強いため、体内から減ってしまうと、活性酸素の勢力が強くなってしまいます。

紫外線、喫煙、過度な飲酒、食品添加物なども活性酸素が増える原因なので、気をつけた方がいいですね。

ということで、単純に「年齢」のせいというわけでなく、血糖値や活性酸素によっても怪我の治りに影響があるようですね。



You Might Also Like

0 コメント


ASBボクシングクラブとは、野球、フットサル、ダンスのように、ボクシング初心者、未経験者でも「誰でも気軽にボクシングを楽しむ」ことができる、ボクシングジムです。
今までのボクシングジムとは違い笑い声とお菓子(?)の絶えない素敵なボクシングジム。ASBボクシングクラブではいつでも無料体験の受付を行なっています。
興味のある方は、ぜひ遊びにきてください。

★無料体験申し込み予約フォームはこちら★
http://www.asb-boxing.jp/freetrial/

お問い合わせはこちら
045-515-3559

★鴨居店:営業時間はこちら★
http://www.asb-boxing.jp/info/kamoi/

★鴨居店:スケジュールはこちら★



★横浜店:営業時間はこちら★
http://www.asb-boxing.jp/info/yokohama/

★横浜店:スケジュールはこちら★


オフィシャルFacebookはこちら!
ASBボクシングクラブの日々の写真や動画が満載!
どんな雰囲気なのか、こちらのフェイスブックを
チェックしてみてください。
https://www.facebook.com/ASB-club-353320618065242/



ASBボクシングクラブ、オリジナルアイテムがオンラインショップで購入することができます。としトレーナーによるキャラクターグッズやトレーニングでも使えるTシャツやパーカーなど、様々な商品を用意しています。 一度、のぞいてみてくださいね★
★ASB boxingclub SHOP★
https://suzuri.jp/14zawa/products