, , , ,

代謝をアップして、太りにくいカラダをつくりたい。


食事制限によるダイエットは、脂肪だけでなく、筋力も落ち
代謝力も落ちるため、「太りやすい」カラダになってしまいます。

「太りにくい」カラダにするには、代謝をアップすることが大事。


代謝は3つの種類があります。

「基礎代謝量」
人間の体が機能を維持するために、最低限必要なエネルギー消費のこと。

「食事誘導性熱代謝量」
食事によって消費されるエネルギーのこと。

「生活活動代謝量」
毎日生活をしているなかで、活動している間に消費されるエネルギーのこと。


3つのうち、「基礎代謝量」は一日の消費エネルギーの70%近くを占めています。

その基礎代謝量をアップすることが「太りにくい」カラダになる、一番の近道!

まず、基礎代謝の内訳は

筋肉 約40~50%
・心臓 約5~10%
・腎臓/肝臓 約30~40%
・その他(脳、呼吸、神経など)約20%

という比率です。

断然、筋肉の割合が高いことがわかります。

つまり、基礎代謝をアップするには、無酸素運動による筋肉アップが効果的

無酸素運動とは、筋力トレーニング、スロートレーニング、短距離走などが、筋肉を収縮させるためのエネルギーを、酸素を使わずに作り出す運動をいいます。
決して、競技中に呼吸をしていないということではありません




「食事誘導性熱代謝量」を上げるに

・ なるべく温かい食べ物を食べる。
・ 唐辛子や生姜、ネギ、ニンニクなどのスパイスや香味野菜を活用する。
・ なるべく原型のものを食べる(ひき肉を使ったハンバーグ等ではなくステーキや焼肉など)。

温かく、唐辛子、スパイス、原型なもの、、、
これにぴったりなのが、まさに「カレー」
但し、ご飯やナンの食べ過ぎには注意しましょう。


「生活活動代謝量」は、スポーツだけでなく、仕事、家事、通勤、趣味、勉強など、行動した全てが時間の代謝量です。
これは、生活の中での行動を見直すことでアップすることができます。
例えば、
・ エレベーター、エスカレーターの代わりに、階段を使う。
・ 一駅分、歩く。
・ 電車乗車中、つま先立ちをする。


あと、カラダが冷えてしまうと基礎代謝が下がり、痩せにくいカラダになってしまいます。

体を温めるのに有効な方法がお風呂。発汗&代謝を促すため、37~38度の水温で、みぞおちから下までをお湯につかり、20分以上入るのが理想とされています。




代謝をアップして、
「太りにくい」カラダづくりを目指しましょう!





関連ブログ

You Might Also Like

2 コメント

  1. 激しい運動しなくても、階段使う、一駅あるく、それをしてると、太りにくい身体になると思う。それは実感してる。

    返信削除
  2. 普段の生活だとなるべく「階段を使う」が一番いいと思うんだよね。

    返信削除


ASBボクシングクラブとは、野球、フットサル、ダンスのように、ボクシング初心者、未経験者でも「誰でも気軽にボクシングを楽しむ」ことができる、ボクシングジムです。
今までのボクシングジムとは違い笑い声とお菓子(?)の絶えない素敵なボクシングジム。ASBボクシングクラブではいつでも無料体験の受付を行なっています。
興味のある方は、ぜひ遊びにきてください。

★無料体験申し込み予約フォームはこちら★
http://www.asb-boxing.jp/freetrial/

お問い合わせはこちら
045-515-3559

★鴨居店:営業時間はこちら★
http://www.asb-boxing.jp/info/kamoi/

★鴨居店:スケジュールはこちら★



★横浜店:営業時間はこちら★
http://www.asb-boxing.jp/info/yokohama/

★横浜店:スケジュールはこちら★


オフィシャルFacebookはこちら!
ASBボクシングクラブの日々の写真や動画が満載!
どんな雰囲気なのか、こちらのフェイスブックを
チェックしてみてください。
https://www.facebook.com/ASB-club-353320618065242/



ASBボクシングクラブ、オリジナルアイテムがオンラインショップで購入することができます。としトレーナーによるキャラクターグッズやトレーニングでも使えるTシャツやパーカーなど、様々な商品を用意しています。 一度、のぞいてみてくださいね★
★ASB boxingclub SHOP★
https://suzuri.jp/14zawa/products